東京オリンピック

Pocket

2020東京オリンピックの開会式は7月24日。

なぜこんな暑い季節にオリンピックを開催するのか?なんて疑問は、いろいろな「利権」=「お金」が絡んでいることによるものだと答えが出ていますが、もしかしたらちょっと涼しい、または冷夏のオリンピックになる可能性が出てきましたね。

その原因は、フィリピン・タール火山の大規模噴火。

たしか何十年か前のフィリピン・ピナツボ火山(ピナトゥボ火山)大噴火の後に冷夏になりましたよね。

火山灰が成層圏まで達して太陽光を遮ったのですよね?

タール火山も今後さらに大噴火の可能性があるようなので、気温が下がるかもしれませんが、被害がたくさん出ているので素直には喜べません。

もし涼しい夏だったら、オリンピックで儲けたお金は全部フィリピンに義援金・支援金として寄付するのがよろしいかと。


 

もちもちねるねる

Pocket

ねるねるねるねシリーズから「もちもちねるねる いちご味」が新発売されるそうです。

ねるねるねるね、懐かしいなー。

子供の買って買って攻撃が激しい商品でした。

子供が練っているのを不思議な感覚で見ることができるお菓子です。

いまだに売れているんですね。

新商品の「もちもちねるねる」は、もちもち食感が加わったそうです。

大きくなった子どもたち、売り場で発見したら「買って」って言うかな?


 

宇和島じゃこ天

Pocket

明石家さんまが今年(2018年)買って良かった大満足のベストバイ商品を発表するコーナーで紹介されていた商品の中の1つ「宇和島じゃこ天」。

通販の口コミ・レビューを見ても、宇和島じゃこ天は特別のようですね。

じゃこ天は宇和島産が一番美味しい!とか、魚の旨味が凝縮されていて、そのままでも焼いても美味しいなど、絶賛です。

1歳の子でもバクバク食べるそうなので、子供に魚を食べさせたい親御さんたちは、試してみるのもいいのでは。


 

海苔

Pocket

美味しい海苔(のり)は色の濃いもの。

同じ産地の海苔でも緑っぽいものから黒っぽいものまでありますが、黒っぽいものほど初摘みに近く、栄養をたっぷりとって育っているので非常に美味しいのです。

そのぶん価格も高いですが。


 

エアーかおる

Pocket

「エアーかおる」という吸水性抜群のタオルが、テレビ東京「カンブリア宮殿」という番組で紹介されていました。

商品パッケージには、
「エアーかおる エニータイム
糸の中に空気を撚り込む世界初の撚糸工法スーパーゼロで常識をくつがえすタオルをつくりました。」
とありますが、よくわからないといえばわからない。

まず、撚糸(ねんし)というのは、糸に撚り(より)をかけること、または撚りをかけた糸のことで、糸をねじって加工することで、強くしたり風合いを良くしたりする加工技術。

エアーかおるの糸は、オーガニックコットンと水に溶ける糸の撚糸で、加工後に水に溶ける糸がなくなることで、空気を多く含みふっくらとした糸ができることで吸水性が良くなるようです。

なので、エアーかおるはオーガニックコットン100%なんですね。

タオルを巻いているだけで髪が乾く。
10年間使い続けられるほど耐久性がある。
軽く触れるだけで水分を吸収してくれるので、肌の弱い方やアトピーの方にも重宝されている。

これだけ聞けば多少高くても納得で売れているのでしょう。

ちなみに、初めは商品名が「エアータオル」だと思いました。